忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 868867866865864* 863* 862861860859858 >  >>
思い立ったら即吉日のスタイルで書いているので間違っていそうだわだわ


最近、デッキレシピを見るとあるカードの採用率が顕著なまで増えました。
そのカードの名はサンダー・ブレイク。
手札のカードを切る代償にフィールドのカードを1枚除去できるフリーチェーンカード。

単純に考えると2:1とアド損なカードなのにどうしてここまで採用率が高いのでしょうかねー。
2年前のガン3積みの時代はサンブレを積んだIFや最近は見かけない魔轟神のサンブレは
現環境におけるサンブレに比べてなぜか弱く見えます。
と言うか限環境のサンブレは無駄に強く思えてるのは単に環境TOPのデッキで採用されているからという単純な理由意外にもあるのではないかと思いました。

ぱっとおもいつくデッキ
・聖刻
・ラヴァル
・ジェムナイト
・IF
・インゼクター
などの派生形も含む

他にもありますが、目につきやすいのはこのぐらいだと思います(ジェムが浮いているのは気のせいです。
逆に採用されていないデッキは
・ラギア系
・ヒロビ系
当たりだと思います。(ヒロビだと爆風が代わりに採用されているケースもあるがあえて無視させてもらいます)

採用されているデッキと採用されていないデッキの差を考えてみると
・聖刻、ラヴァルの様なワンショット系
・インゼクター、ジェムの様に手札消費をごまかせるデッキ
にはサンブレが採用されていて
・ラギア系、ヒロビのようにアタッカーとしてのスペックが高く、下準備いらず殴っていけるデッキ
には採用されていないです。

違う見方をすると
・聖刻、ラヴァルの様にデッキの特性上、どうしても手札で腐ってしまうカードを保有してしまうデッキ
(聖刻・・・バニラ龍、4枚目以降の聖刻、2枚目以降のアセト。ラヴァル・・・女性陣、マグマ?、2枚目以降の炎熱)
・インゼクター、ジェムの様に、極端な話、手札にあろうが墓地にあろうが動きに支障をきたしにくいカードを所有するデッキ
(インゼクター・・・ホーネット、グリフ、ゼピュロス?。ジェムナイト・・・ジェムナイト・フュージョン)
にはサンブレが入っている。


2年前のIFや魔轟のサンブレが強く思えなかったのは、おぼろげながら納得できた気がする。
単純にサンブレが強いんじゃなくて、そのデッキの弱点を補う(ごまかす)のに最善に近い札だからか。
伏せ剥がしたり、システムクリ―チャー処理したり、やれることが多いので採用しやすい。

もうちょっと別の理由があるかもしれないけど、私なりの結論はこうなりましたとさ。
(オチつけるのめんどくさい)

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]