忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 123456 >  >>
模擬試験は自分で買って受けましょう(

読んでいて私が気になったものをチョイスしています。
他にもあるかもしれないけど、気にしないでください


○ペンデュラム召喚p18,19
1 最大5体まで特殊召喚できる
2 スケールの大小は逆でもよい(例右1,左8と右8、左1は同じ)
3 PゾーンにおくPモンスターは同一ターン中に置かなくても良い


※私はスターター2014買っていません。

○誘発効果p25
メインフェイズ以外で発動できる効果やリバース効果は誘発効果として扱われる
ただ、分類は変わっても発動タイミングや処理は変わらない

○グアイパの様な戦闘によって破壊した場合を効果に持つモンスターp27
発動するタイミングがダメージステップ終了時になりました。
その関係で発動タイミングでフィールドから離れると効果が発動できない。


○チェーン処理(厳密には違う)p29
処理中にカード/効果を発動できない。
某TCGユーザーは間違えないように注意しましょう。



○対象を取る効果と取らない効果p31、p115
対象を取る効果は「対象として発動」や「選択して」
対象を取らない効果は「選んで」や非公開領域のカードまたはフィールドのカード全てに影響を及ぼす効果、「ランダムで選ぶ」などその効果発動時にはどのカードに効果が及ぶか不明な効果
と明文化されました。(

○魔法&罠ゾーンp41
何らかの処理でモンスターが魔法&罠ゾーンに置かれる場合、そのモンスターは魔法カードとして扱う
=罠カードとしてセットされるモンスターは出てこないことを意味する?

○フィールドカードゾーンp42
今まで《除雪機関車ハッスル・ラッセル》はフィールド魔法が存在していても発動可能

黄泉ガエルの様にフィールド魔法があると発動できない

自分の魔法&罠カードゾーンにカードが存在する場合、
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
=フィールド魔法は魔法&罠カードゾーンのカードと含まない?

○ペンデュラムゾーン
Pゾーンに置かれているPモンスターは魔法&罠ゾーンのカードとして扱われない
Pゾーンに置かれたカードはそのゾーンを移動できない

○除外ゾーンp45
基本的に除外されたカードは元々の持ち主のカードとして扱われるが一定期間だけ除外してその後元に戻す効果の場合、除外している間は持ち主のカードとして扱うが直前までコントロールしていたプレイヤーのフィールドに戻す。

また、裏側で除外されているカードは元々の持ち主のプレイヤーのみが確認可能
補足 裏側で除外された原因が自他問わない。

○種族p49
カード効果によって種族が変化した場合、そのカードは変化した種族としてのみ扱う。1つのカードが同時に2種類以上の種族として扱う状態になる事はない

この裁定を見る限り、今後アニメ版TGの様な複数の種族を持つカードは作られないことを明言されたような気がします。

○ペンデュラムモンスターp59
フィールド(モンスターゾーン以外にもPゾーン、魔法&罠ゾーンを含む)から墓地へ送られるとエクストラデッキに表側でくわえられる

下手にPゾーンのカードを破壊すると痛い目を見るようです

○表示形式p80
裏側攻撃表示に関する記述がない。

○誘発効果p86
スタンバイフェイズやエンドフェイズなど特製のフェイズで複数の誘発効果が発動する場合、同時に発動する扱いではないので1つずつ処理していく

○誘発即時効果p89
1度発動した誘発即時効果をもつモンスターがフィールドから離れても効果は処理される

○攻守の変化
突進が適用されたモンスターに収縮を打った場合、そのモンスターの攻撃力はそのモンスターの元々の攻撃力分+突進の上昇値になる

また、突進が適用されたモンスターに「永続的な効果で攻撃力を指定された数値になる効果」が適用される場合、突進の効果では再度計算されない

○スタンバイフェイズp161
スタンバイフェイズ時に発動する誘発効果はその効果の発動が無効になった場合、その効果は再度発動しない
=黄泉ガエルでライダーの効果を潰せない=ライダーと黄泉はきょーぞん♪出来るようになった。

○ダメージステップp166~p172
ダメージステップまで移行した場合、その時の攻撃モンスターは攻撃した扱いになる
また、ダメージ計算を行っていない戦闘は「戦闘を行った」扱いにならない


○エキストラターン
制限時間になったら、そのターン終了時までプレイを行う
勝敗が決していない場合、その次のターンから数えて3ターンを実施する

この項目はなんとなくチョイスしただけで特に意味はない。





拍手

PR
H=ふざけるなよ

Q.
戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモンを自身の効果で召喚しました。
その後、セットされていたスキル・ドレインを発動しました。
そのターンのエンドフェイズ時、スキルドレイン適応かで戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモンが自身の効果で破壊されますか?
また、禁じられた聖杯の効果を受けた戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモンの場合はどのような処理がなされますか?

A.
ご質問の状況の場合、「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」の攻撃力・守備力はカードに記載された元々の数値に戻りますが、エンドフェイズ時に自身を破壊する効果は適用されたままとなります。
なお、「禁じられた聖杯」を適用した場合でも同様に、「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」の攻撃力・守備力はカードに記載された元々の数値に戻りますが、エンドフェイズ時に自身の効果によって破壊されます。


ジェネシス・デーモンの自壊効果は誓約効果っぽい。
まさにカードが違いますって奴かorz
この裁定により、相手にヴェーラー投げられても自壊するという最悪な結果になりましたorz

Q.
戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモンが自身の効果で召喚しました。
そのターンのエンドフェイズ時、戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモンが自身の効果で破壊されました。この時、万魔殿-悪魔の巣窟-の効果は発動しますか?

A.
ご質問の状況の場合でも、自分は「万魔殿-悪魔の巣窟-」の効果を発動し、「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」のレベル以下の「デーモン」と名のついたモンスターカードをデッキから手札に加える事ができます。


万魔は戦闘以外の破壊だけど、誓約効果?の場合、おkか確認用。


おまけ
Q.
また、マナーに関することで1点ほど確認したいことがあります。
相手プレイヤーがこちらのデッキをシャッフルする場合、相手はこちらのデッキ枚数を確認できるシャッフル(ディールシャッフル)は認められていることのでしょうか?
A.
遊戯王OCG公認大会の規定において、具体的にカットやシャッフルの方法を定めてはいません。
よって、公認大会において対戦相手の方とデッキを混ぜる方法において不明な点がある場合は、当日の審判へご相談頂きたく存じます。

ジャッジ任せという最悪なオチ。

拍手

知り合いの呟きで知りましたが、公式ルールFAQに狙撃兵のセットカードを破壊する効果が対象を取らないような書き方をされていました。
真偽を確かめるために質問してみました。
回答は金子さんです

Q.
海皇の狙撃兵
こちらのルール&amp;FAQ公式ページ
(http://yugioh.faq.konami.jp/EokpControl?&tid=68239&event=FE0006)に書かれている
「対象を取らない」というものはデッキから海皇を特殊召喚する意味なのか
それとも相手フィールド上にセットされたカードを破壊するのどちらの意味で
受け取ればよろしいのでしょうか?
A.
「海皇の狙撃兵」の『デッキから「海皇の狙撃兵」以外のレベル4以下の
「海皇」と名のついた海竜族モンスター1体を特殊召喚できる』効果は、
特殊召喚するモンスターを対象に選択しない効果となります。

なお、『相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する』効果は、
破壊するカード1枚を対象に選択する効果となります。

海皇の重装兵 
Q.
こちらのルール&amp;FAQ公式ページ
(http://yugioh.faq.konami.jp/EokpControl?&tid=68237&event=FE0006)に書かれている
「対象を取る」というものは相手フィールド上に表側表示のカードを破壊するという意味でしょうか?
A.
「海皇の狙撃兵」の対象に選択する効果は、『水属性モンスターの効果を発動するために
墓地へ送られた時、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する』効果となります。


残念ながら、狙撃兵は対象を取る結果になりました。
今回の質問の仕方に色々と怒られるかもしれないけど、誰かが凸しないとまた揉める事になるの先陣を切らせてもらいました。
これで再び、揉めたら私の知名度の無さが浮き彫りですね^^

拍手

※有名なチェーンの組み方の裁定ではないのでお気を付けください

Q.
イリュージョン・スナッチ
ブリザード・プリンセスをアドバンス召喚に成功したので
イリュージョン・スナッチをチェーンして発動しました。
ここで墓地に存在する妖怪のいたずらをブリザード・プリンセスを指定し、
チェーンして発動しました。
この時、イリュージョン・スナッチのレベルはいくつになりますか?
A.
「イリュージョン・スナッチ」の効果にチェーンして墓地に存在する
「妖怪のいたずら」の効果を発動した場合、「妖怪のいたずら」の
効果によって「ブリザード・プリンセス」のレベルが1つ下がる為、
フィールド上に特殊召喚した「イリュージョン・スナッチ」のレベルは
【7】になります。


この裁定から、イリュージョン・スナッチは効果処理時のレベルを参照にするみたいです。
これのよりブリプリ+スナッチ+妖怪のいたずらでハイロンをエクシーズ召喚することが可能になりました。
だからどうしたと言えばそれまでですが、地味に重要なことです。

妖怪のいたずら自体現環境では地味に強力なカードなので採用するのもありだと思います(

拍手

Q.
ガガガ・リベンジ
このカードの効果で特殊召喚したガガガマジシャンと魔法剣士ネオを
エクシーズ素材にして、ジェムナイト・パールをエクシーズ召喚しました。
この時、ジェムナイト・パールに対して神の警告で召喚に無効にしました。
この時、ガガガ・リベンジの攻撃力を上昇させる効果は発動するのでしょうか?
A.
「ガガガリベンジ」を装備した「ガガガマジシャン」をエクシーズ素材として
おこなったエクシーズ召喚が、「神の警告」の効果によって無効に
された場合でも、装備モンスターはエクシーズ素材として
使用されている扱いとなります。
したがって、「ガガガリベンジ」の攻撃力を300ポイントアップする
効果は発動します。


これは地味に嬉しい裁定ですねー
エクシーズ素材に使う≠エクシーズ召喚に成功する
と。

Q.
ガガガシールド
簡易融合で特殊召喚された魔法使い族モンスターに装備した場合、
エンドフェイズに破壊されますか?
A.
「簡易融合」の効果で特殊召喚された魔法使い族のモンスターが、
「ガガガシールド」を装備している状態でエンドフェイズになった場合には、
「ガガガシールド」の効果が適用されるため破壊されず、
そのモンスターはフィールド上に残り続けます。
なお、同一ターンにて2度『戦闘及びカードの効果では破壊されない。』
効果を適用した後では、「ガガガシールド」の効果が適用されない
状況となる為、「ガガガシールド」を装備している場合でも、
魔法使い族のモンスターは破壊されます。


半年待ったかいがあったね!

テンぺル+ネクロの魔導書に関しては調整中でしたorz

拍手

* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 30
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]