忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 123456 >  >>
スターヴ・ヴェノムを捕食植物で使いたいなーってだけのデッキ。

捕食植物はアドを得ながら戦うのではなく、融合で消費したリソースを後からリカバリーしていきながら動いていくのでそれを補えるダークヴルムやアストログラフの様なPモンスターは組み合わせはおかしくないと思います。
P召喚で場に闇属性を並べることは一部カードに恩恵があります(今回はタッチ要素で採用しているのでP召喚は出来たらラッキー感覚ですけどね…)
デッキ41
モンスター 25枚
捕食植物セラセニアント×3
捕食植物サンデウ・キンジー×3
捕食植物スパイダー・オーキッド×2
捕食植物スピノ・ディオネア×2
捕食植物ダーリング・コブラ
捕食植物オフリス・スコーピオ
捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ
捕食植物スキッド・ドロセーラ
ジャンク・シンクロン×3
灰流うらら×3
覇王眷竜ダークヴルム
ローンファイア・ブロッサム
アストログラフ・マジシャン
覇王門零
月光黒羊

魔法 13枚
捕食活動×3
捕食接ぎ木×2
プレデター・プライム・フュージョン×2
プレデター・プランター
融合×2
置換融合
簡易融合
おろかな埋葬

罠 3枚
捕食計画×3

EX 15
捕食植物キメラフレシア×2
捕食植物ドラゴスタペリア×2
捕食植物トリフィオヴェルトゥム
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
サウザンド・アイズ・サクリファイス
沼地のドロゴン
テセウスの魔棲物
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
ヴァレルソード・ドラゴン
水晶機巧-ハリファイバー
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム
励輝士 ヴェルズビュート
No.41 泥睡魔獣バグースカ
●デッキ説明
〇ダークヴルムは条件付きだが、召喚権を使わない+相手の場に左右されずに出せるのでそれを起点に動きます(原則的に1回ぐらいしか使えないのでどのようなカードと組み合わせるかは状況によって変わります)

以下はその組み合わせ
・サンゾウ
キメラフレシアになれる。
どちらかと言えば、ヴルムサーチした覇王門が素材にした方が良い

・スピノ
ランク4エクシーズになれます。
PはX素材にするとEXに行かないので再利用できるので便利。


・スパイダー
スターヴになります。
捕食活動の制約にスターヴは引っかからないのも捕食と混ぜるメリットの一つです。

・ジャンクロン(+墓地にレベル2以下)
ハリ経由でヴァレソに繋がります。 滅多にないけど、墓地のスパイダーを釣り上げてスターヴになれます()

〇アストログラフはセラセニアントと相性が良く、
セラセニアントを処理されても、アストログラフでおかわりしつつ セラセニアントの効果でプレデターカードをサーチできるので展開の起点になります。


〇スパイダーは捕食植物唯一のPモンスター(スケール8) レベル1なので一度場に出すとその後の再利用は困難なのが悲しい。 Pゾーンにセットして、他のPと組み合わせることで手札の闇属性モンスターを場における=一部カードの発動を満たしやすくなるのでこれはこれで重要です(マッチ2戦目以降なら相手のメタカード割りとしても使える


〇ジャンクロンは捕食と相性が良く セラセニアントを蘇生してセラセニアントと融合すれば、融合モンスターを呼びつつ プレデターカードをサーチできます。墓地にキメラフレシアがいるならワンキルルートまで行けますが、今回は不採用。
ドロセーラを釣り上げてドロセーラをリンク素材や融合素材にすることで捕食カウンターをばら撒けるので一部捕食カードの効果が使えます。

●動き
大きく3パターンあり
・ドラゴスタぺリアと捕食計画で相手の盤面をコントロールしていく
・相手の攻撃をセラセニアントで受け流し、返しのターンに融合モンスターを呼び出して処理していく
・スターヴでスピノコピー(またはヴァレソ)+ドロセーラの全体攻撃を付加させる。
相手の展開を利用してこちらも展開することで場に闇属性が並ぶのでプライム・フュージョンを打って追い打ちをかける


これらのパターンに入るために捕食活動、セラセニアント、キメラフレシアでパーツを集めることを意識しながら動いていきます。


融合モンスターを呼び出すときはセラセニアントを巻き込むかサンゾウ経由するかして融合召喚の消費を抑えれるように動かないとガス欠しやすいのでそこは気を付けておきたいですね。





●採用カードおよび不採用カード
・月光黒羊
融合サーチおよびジャンクロンで釣り上げ可能な闇属性。
沼地でもいいかもしれないけど、基本的に融合サーチがメインで素材代用要素を求めてはいないのでそれ以外のメリットのある黒羊が優先されます

・エレクトラム
アストロサーチ要因。

・プランター
スパイダーを釣り上げて、エレクトラムに繋げて割られるのがお仕事です。
効果無効+レベル4以下限定ではあるものの手札からSS出来るので初動で無理やり動くために使うこともあります。


・スピノ
カウンター置けるのでこいつを出すとヒドラも一緒に沸くことは良くあること。
スコーピオ以外で貴重な横にモンスターを置ける枠ですが、リンクやエクシーズ相手に殴っても無力なので過信して運用するのは怖いですね

・捕食計画
墓地肥やしはコストなのが偉い
墓地送り優先順位はヒドラ以外は手札の蘇生札で蘇生して美味しいカードを落としていくぐらいです。
こいつのカウンター載せ効果を起点に色々と動ける幅が増えるので発動するタイミングには気をつけたい
後、スターヴの自己SS時では計画の墓地効果は発動できないので使う時は気を付けてください

・ドロゴン
闇属性指定して相手の妨害をケアしつつ、展開できるよ!!

ただ、こいつを出しつつ横に展開出来るほど器用に動けるデッキではないのでおまけに近い部分なのが悲しい。
どちらかと言えば、サイドに入れる超融合で美味しく使えるようになるカードなんですよね…


・調律やジェット・シンクロン、アンノウン
調律は墓地肥やしの関係でデッキのとの相性はそこまで悪くないように思えますが、
コブラが落ちてしまうとリクルートできない=融合サーチが出来なくなる=デッキパワーが落ちてしまうので素引きするのと同じぐらいきついのでメリットよりデメリットの方が許容できないので採用を取り消した経緯があります
ジェットやアンノウンは捕食で採用するのは何か違う感じがしたので見送りました。
ただ、後者に関してはSS出来る闇属性なので魅力的なんですけどね


・ヴェルズ・マンドラゴラ
闇属性でSS持ち
良くも悪くもそれ以外の要素しかない
捕食活動のリスクもあるのでただ場に出せるだけしかないのは枠的に厳しかった。

拍手

PR
アライバル→リンクロスからの弱肉一色をみて触発されたデッキみたいなもの

このデッキではクリボーを増殖させると
場ががら空きならトークンが5体並ぶのでその状態で一色を打っていくデッキです。





・モンスター 9
クリボー×3
コードブレイカー・ゼロディ×3
灰流うらら×2
閃刀姫-レイ

・魔法 31
弱肉一色×3
増殖×3
クリボーを呼ぶ笛×3
チキン・レース×3
成金ゴブリン×3
左腕の代償×3
抹殺の指名者×3

テラー・フォーミング
一時休戦
増援
ドン・サウザンドの契約
EMポップアップ
手札抹殺
閃刀起動-エンゲージ×2
閃刀機-ウィドウアンカー
閃刀機-ホーネットビット


Ex
リンクリボー×3
リンクスパイダー×3
コードーブレイカー・ウイルスソードマン
コードーブレイカー・ウイルスバーサーカー
ヴァレルソード・ドラゴン
I.P. マスカレーナ
クロック・リザード
召命の神弓-アポロウーサ
閃刀姫-カガリ
閃刀姫-シズク
閃刀姫-ハヤテ


動き


一色使用後の動き

トークン2体をリンクリボー2体をリンクし、その2体でクロック・リザードをリンク。
トークン2体でリンクリとスパイダーをリンク。その2体でウィルスソードマンをクロックリザードのリンク先にリンク召喚。ソードマンの効果でデッキ・墓地のゼロディをクロックリザードの空いているリンク先にSS。
トークンをリリースし、リンクリ蘇生。
(墓地にゼロディが落ちていない場合)
 ゼロディリンクリクロックでアポロウーサ。
ソードマンウーサ




(墓地にゼロディが落ちている場合)
 ゼロディソードマンでウイルスバーサーカーをクロックと相互リンクになるよりリンク召喚。バーサーカーの効果で墓地ののゼロディ2体をSS。クロックやバーサーカーの空いているリンク先にSS。
ゼロディ2体リンクリクロックでアポロウーサ
バーサーカーウーサの構え(モンスター効果を最大で4回無効)

または
 ゼロディリンクリクロックでヴァレソをリンク。
バーサーカーヴァレソバーサーカーゼロディ
(30×2+28+18=106)


●コードブレイカーの強み
ドローソース積みまくって手札交換して、いざ展開しようとするとデッキにリクル先不在で動けない状態をほぼ0にできるます(左腕で除外してしまうケースアリ)

トークンだけでもワンキルすることはできますが、
先行時の盤面が微妙で返しのターンに墓地利用系や1枚で動ける相手には物足りなく感じたので
もう少し柔軟に対応できるように考えた結果、リンク召喚限定だけどどこからでも呼びだせるコードブレイカーが適任でした。

注意点として
ソードマンは除外以外から
バーサーカーは手札・墓地から
と微妙にゼロディを呼び出せる範囲が異なるので注意。
また、ゼロディを呼ぶには相互リンク状態で特殊召喚しないといけないので場に出すタイミングには注意しないといけません。



どうでもいいことですが、ウーサーは常にあれだからバーサーカーウーサーって普段通りじゃんとかウーサー(とある声優のこと)は暴走しないからとかどうでもいいことを思い出しました。




相手の行動とか完全に無視なら
トークン5体から
トークン2→リンクリ2→クロック
トークン2→リンクリリンスパ→アドミニ
トークン→リンクリ蘇生
リンクリアドミニ→トランス
トランスでアドミニ蘇生
で攻撃力8k以上の盤面(相互リンクしているので効果の対象にならない)もありかも?





拍手

新制限が公開された関係で構築を見直さないといけなくなったので

改定前の【アロマ】のデッキレシピ置いておきます。



モンスター 27
アロマセラフィ-アンゼリカ×3
アロマージ-ジャスミン×3
アロマージ-ローリエ×3
アロマージ-カナンガ×2
アロマージ-ローズマリー×2
アロマージ-マジョラム×2
捕食植物 オブリス・スコーピオ
捕食植物 ダーリング・コブラ
ローンファイア・ブロッサム
スポーア
薔薇の妖精
増殖するG×2
ジェムナイト・ラズリー×2
エフェクト・ヴェーラー×2
ギャラクシー・サーペント

魔法 7
アロマガーデン×3
アロマガーデニング
テラー・フォーミング
ブリリアント・フュージョン×2

罠 6
潤いの風×2
渇きの風×2
恵みの風×2

EX  15
アロマセラフィ-スイート・マジョラム×2
アロマセラフィ-ジャスミン×2
アロマセラフィ-ローズマリー
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
琰魔竜 レッド・デーモン
月華竜 ブラックローズ
リンクリボー×2
水晶機巧-ハリファイバー
ヴァレル・ソード・ドラゴン
トロイメア・ケルベロス
ジェムナイト・セラフィ×2

●主な動き
・アロマモンスター+回復カード+ローリエ+モンスター
ガーデンorガーデニング発動。アロマモンスター召喚。ライフ回復
ライフが多い時、ローリエSS。アロマモンスターローリエでジャスミンリンク。
ローリエ効果でライフ回復し、ジャスミン効果で薔薇の妖精(orアンゼリカ)サーチ。
薔薇の妖精をジャスミンリンク先にSS。妖精リリースし、オフリスSS。
手札のモンスターコストにコブラSSし、ブリリアントサーチ
ブリリアントでサーペントらずりーでセラフィ。サーペント回収して追加召喚。
コブラオフリスジャスミンでヴァレソ。ヴァレソ効果でサーペント寝かして2回攻撃付与
サーペントセラフィでエンシェント・ホーリー・ワイバーン

・ブリリアント+レベル1チューナー
ブリリアントでラズリージャスミン落としてセラフィ。
レベル1チューナー召喚。セラフィーレベル1チューナーでスイートマジョラム
スイートマジョラム効果で任意の風サーチ。

ここでジャスミンを落とすメリットは手札にあるアンゼリカのライフ回復効果を使用するためです。握っていなくても相手にアンゼリカがあると牽制できますし、恵みの風サーチしている場合、相手ターンにジャスミンを蘇生して、次のターンに回復カードと組み合わせてアド差をつけることも可能になります。




●採用カード
・薔薇の妖精
ジャスミンの回復時のサーチするときに使う展開札
アンゼリカと役割が被る面がライフ差に関係なく、SS可能なのが強み。
反面素引きするとゴミなので恵みの風で遠回しにデッキに戻ってもらいましょう。

・オフリス
オフリス+モンスター+回復カードで
ヴァレソ+モンスタを並べることでライフを捲れるのでコブラ素引きのリスクを背負ってでも採用すべきと判断。

・コブラ
素引きしても恵みの風で遠回しな手段でデッキに戻ってくれるので引いても気にしない精神で採用しています。

・ブリリアント+セラフィ
レベル1チューナーでスイートマジョラム
サーペントでAHW
の選択肢が取れるので展開力の低いアロマ的に状況に応じたモンスターを呼び出せるカードは心強いと感じています。

・ヴェーラー
レベル1光チューナーであることが強い。

・ガーデニング
本当はもう1枚ぐらい入れた方が色々と安定するが、デッキ枚数を増やしたくない関係で1枚。



・潤いの風
ライフ1000払ってアロマサーチ出来るのは便利だけど、
サーチしたいのがアンゼリカ程度しかいないのでどうなんだろう感はある。
ただ、アンゼリカが握れると握れないかでは相手ターンの立ち回りが大幅に変わるのでアンゼリカを持ってこれるこいつは外せない存在。

・渇きの風
回復できないとただの紙。
スイートマジョラム以外で相手のカードを処理できる貴重なカードでこいつを表にしておくことで相手の展開にプレッシャーをかけれるので何だかんだで便利。
緊急用の除去効果は使う機会はほとんどありませんが、相手の方もライフ回復時の除去効果には注意するが、こっちの方はライフ差維持の放棄をするので見逃されることもあります。


・レッド・デーモン
スポーアでレベル8が作れる機会がそれなりにあったので除去持ちのこいつにしました。
この項目書いている時に気づきましたが、スカーライトの方が都合がいいことに気が付きました。

●不採用カード
・ベルガモット
打点も大事だが、ジャスミンのリクルで出すならオフリスやマジョラムを優先して出した方がいい。


・スプレンディッド・ローズ
ワンチャンあるかなーと思って最初は採用していたが、マジョラムの代わりに出したい場面が無さ過ぎたので頻度は低いけど、レベル8枠採用した方がましかもしれないと判断して抜けました。


元々はブリリアント型ではなく、キャロベイン型でした。
キャロベインは相手の場に左右されず、SS出来るレベル5枠でサーチもしやすいし、ステージ採用すること盆回しを採用しやすい。後はレベル1チューナーがいれば、容易にマジョラムにつなげることが可能です。
問題点は今の時代、それ以上の動きができないのが地味に気になりました。
じわじわとアドを稼ぐのもありですが、今の遊戯王でそんなに悠長なことしていいのか疑問に感じたので色々と手を加えた結果、ブリリアント型になりました。

ブリリアントは恵みの風やスポーアのコスト確保、
恵みの風と組み合わせて、ジャスミンを間接的に場に呼び出したりと応用力があります。


最初のターンで使える回復カードは5枚しかありません。
引きすぎても今度はそれを生かすカードが引けなければ、ゴミと変わらないのが難しいところ。


風罠を相手ターンに捲るタイミングですが、レッド・リブートが怖いところですが、マジョラムサーチ1伏せエンドなら、相手のドローカード発動時ぐらいに捲っておいた方が被害が少ないかもしれません。







拍手

書いた記事が消し飛んで書き直すのはしんどいと思いました。
カウンター=捕食カウンターのこと



デッキ41
モンスター 21
捕食植物セラセニアント×3
捕食植物サンデウ・キンジー×3
捕食植物スキッド・ドロセーラ×2
捕食植物ダーリング・コブラ
捕食植物オフリス・スコーピオ
捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ
捕食植物ヘリアンフォリンクス
ジャンク・シンクロン×3
増殖するG×2
灰流うらら×2
月光黒羊
ローンファイア・ブロッサム

魔法 16
捕食活動×3
捕食接ぎ木×2
プレデター・プランター
プレデター・プライム・フュージョン
簡易融合×3
置換融合×2
融合
超融合
おろかな副葬×2

罠 4
捕食惑星×2
捕食計画×2

EX 15
捕食植物キメラフレシア×2
捕食植物ドラゴスタペリア×2
捕食植物トリフィオヴェルトゥム
スターヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
サウザンド・アイズ・サクリファイス
テセウス
リンクリボー
アロマセラフィ・ジャスミン
水晶機巧-ハリファイバー
トロイメア・ケルベロス
ヴァレルソード・ドラゴン

●コンセプト
DP5新規が投入されたスタぺリアやグリーディを出せる欲張り構築です。
先行でスタぺリアを出しやすくするために簡易融合を採用しています。
一部変なカードが採用されているかもしれませんが、それは採用カードの項目で触れます。

●動き
セラセニアントを場に何度も呼び出して、それを融合素材にすることで消費を抑えつつ動きます。
相手のシンクロやエクシーズ、一部リンクには捕食計画で妨害して動きを鈍らせます。
スタぺリアが盤面にいる場合、カウンター持ちの相手が発動したモンスターの効果を無力化できるので出せるなら積極的に出したいです。

手札 活動+ジャンクロン+ドロセーラorセラセニアント
墓地 セラセニアントorドロセーラ
からトリフィオで高打点+連続攻撃は決まると熱い。

勝ち筋は
・場に捕食カウンターがばら撒かれている状態のトリフィオヴェルトゥムのパンチ
・捕食カウンターがばら撒かれている状態でドロセーラの効果を付加したリンクや融合モンスターの全体攻撃による大ダメージ
・2ハンド消費から飛び出るヴァレルソード
の3点です

●採用カード
・セラセニアント
デッキのキーパーツ。
相手の直接攻撃を妨害できるので、捕食植物はワンショットキルによる耐性があります。
何度も場に呼び出して、サーチ効果を使って展開札を抱え込めるかどうかが捕食植物には重要な鍵だと思います。



・キンジー
カウンター持ちの相手を融合素材にできるので除去しつつ、融合モンスターを投げれるのは便利。
基本的にこいつを軸に融合していくので妨害には気をつけたいところです。

・ドロセーラ
DP5新規で一番株が上がったカード。
・ばら撒かれた捕食カウンターを無駄なく利用できるトリフィオ
・今まで使いにくかった(持て余していた)全体攻撃付加効果を使いやすくしてくれた計画
・ドロセーラを召喚権を消費せずにおけて、ドロセーラをサーチできる活動
の3枚は便利だと思っています。


・ヒドラ
計画というデッキのこいつを墓地へ送りつつ、カウンターをばら撒けるナイスカードのおかげで
使いやすくなりました。


・へリアン
捕食植物・闇属性・レベル8
適当なタイミングで場に呼び出すか蘇生させて融合するのがお仕事なので自身の効果を使う機会は基本的ないと思って構いません。

・ジャンクロン
セラセニアント釣り上げマン。
セラセニアント釣り上げなら、場にいるときの効果を無効にしない金華でも問題ないが、
チューナーなのでハリをリンクしたり、ハリからリクルートできるからです。
それとランク1ギミックを入れるより、融合するためにモンスターを並べていく都合で融合できなくても場合によってはリンクして戦える方が動きやすいです。

・月光黒羊
融合をサーチできる闇属性でジャンクロンで釣れる。
デッキの性質上、手札で腐っても融合素材にすればいいのはありがたい。

・プレデター・プランター
維持できれば何度も蘇生出来るので便利ですが、
キンジーの効果が無効化されたり、キメラフレシア等の上級組を蘇生できないのが個人的にはきつかったです。
ただ、手札からもSS出来る面やサーチが豊富なので状況によっては接ぎ木よりありがたい場面もあったので1枚だけ採用しています。

・プライム
プレデターとフュージョンネーム持ちなのでサーチが豊富。
プレデターネーム持ちの瞬間融合感覚で使っています。
相手モンスターを融合素材にする効果は無理して狙おうとしない方が良いと思っています。

・簡易
先行スタぺリアを投げやすくしたいので3積みです。
対応モンスターが2枚しかいませんが置換で戻すことを前提にしているのでこれで問題ありません。

・超融合
デッキの性質やプレイングの関係でプライムで事足りることが多いです。
闇属性モンスターはどのデッキでもそれなりに見かけるので全く仕事がないわけではないです。
それと手札の捕食罠を切れるのでそれらの墓地効果を使えるようにお膳立て可能なので助かった時もあります。

・副葬
惑星を落とすのが役目。
実質4枚目以降の融合。

・惑星
融合効果がメインでサーチ効果はおまけと言う認識です。
理由として、サーチするだけならセラセニアントや活動で事足りますし、
サーチの発動条件が他に比べて受動的すぎる。

・計画
ヒドラを落とせば、デッキを圧縮しつつ妨害が困難な実質除去+展開ができるのは大きい。
また、相手ターンに発動できるのでスタぺリアの発動した効果を無効効果がこれまで以上に厄介になります。

・グリーディ
正直、使い勝手に困る人。




●不採用カード
・コーディセップス
計画で能動的に落とせるので使いやすくなった。
アドを稼ぎにくい捕食生物でアド+2に得れるのはありがたい。
ただ、キンジーを蘇生させないとあんまり旨みがない点やそのターンの動きをかなり縛られること
何より計画で落とすならコブラを優先して落としたい。

・彩雛
EXのレベル8以上の月光融合モンスターを墓地へ送れるのでそこから死魂融合を使うことで
スタぺリアやグリーディにアクセスできます。
また、羊の融合サーチ以外の選択肢としても使えます
今回は死魂を不採用なので見送りました。

・生成
副葬で落とす価値のあるカード。
だが、捕食カウンターを置くには手札にモンスターを握らないといけないので計画に比べると使い勝手が悪い。
スタぺリアやセラセニアントを戦闘から守れるので悪いカードではないんですけどね。

・死魂融合
スタぺリアやグリーディを呼び出すには便利なカードです。
不採用の理由は一部融合モンスターを出せないのが今回のデッキではマイナス要素で
初動での打ちにくさが気になったからです。















拍手

レベル9軸オルフェゴールとか星遺物オルフェゴールでいいよね感がある


モンスター 27枚
オルフェゴール・ディヴェル 3枚
オルフェゴール・カノーネ 2枚
オルフェゴール・トロイメア 2枚
オルフェゴール・スケルツォン 2枚
ディープ・スペース・クルーザー・ナイン 3枚
ドラコネット 3枚
夢幻崩界イヴリース 2枚
夢幻転星イドリース 2枚
星遺物の守護竜メロダーク 2枚
星遺物-『星杖』 2枚
星遺物-『星冠』
守護竜ユスティア 2枚
星杯の守護竜

魔法 11枚
星遺物の胎導 3枚
オルフェゴール・プライム 3枚
星遺物の守護竜 2枚
闇の誘惑
おろかな埋葬
死者蘇生

罠2枚
オルフェゴール・クリマクス 2枚

EX 15枚
オルフェゴール・ガラテア 2枚
オルフェゴール・オーケストリオン
オルフェゴール・ロンギルス
トロイメア・ケルベロス
トロイメア・フェニックス
トロイメア・マーメイド
トロイメア・ユニコーン
水晶機巧-ハリファイバー
ヴァレルソード・ドラゴン
ヴァレルロード・S・ドラゴン
星杯の神子イヴ
リンクリボー
宵星の機神ディンギルス
V.F.D
●コンセプト
オルフェゴールリンクモンスター+クリマクス+サベージorV.F.Dを建てるデッキ。
V.F.Dは幻影でも作ることができますが、こちらはRUM経由せずに直接投げれるようになっています。
マーメイドからイドリースにアクセスできるので胎動の条件を満たしやすい
また、イドリースをマーメイドに変換するとオルフェゴール・トロイメアにアクセス出来るのでそこからオルフェゴールカードを絡めた展開ができるのでシナジー皆無ではありません。

オルフェゴールからレベル9に触ることはないけどね…


●動き
プライム誘惑のドローソースを使ってキーパーツを手札に引き込みやすくして
ガラテアV.F.Dクリマクスの盤面を作り、ゲームを有利に進めていきます。

●展開プラン
・ドラコネット+手札1枚
→ガラテアサベージクリマクス

・ドラコネット+胎動or星遺物の守護竜+手札1枚
→ハリカノーネユス
→ガラテアV.F.Dイドリースクリマクス
手札コストにしたカード次第でさらに展開可能

・ディープ+ディヴァルorオルフェゴール・トロイメア+胎動
→ガラテアV.F.Dクリマクス

・イブリース、胎動、手札1枚(オルフェゴール・トロイメアorディヴェル)
→ガラテアV.F.Dクリマクス

流れはこれに書いているので気になるかたはそちらもどうぞ。


●採用枠
・ディープ何とか
手札のオルフェゴールを切りつつ、レベル9を盤面におけるので胎動のリクル効果が打ちやすくなります。
自身は自己SSしか持っていないのでその後の動きは素材か胎動のトリガー要因にしかならないので気をつけたい

・星遺物の守護竜メロダーク
おろ埋orプライム+杖 胎動 これでVFDが呼べる。
除外されたオルフェゴールがいるならガラテアV.F.Dクリマクスを召喚権使わずに可能となります。
星遺物ネームなので手札にきてもプライムのコストにできるのは便利。

・星遺物-『星冠』
調整枠。
自己SSと星遺物ネーム持ちなので採用しています。
ユス冠でサベージに繫がるのも〇
ただ、動かないと腐るカードなので変えたほうが良いけど、このデッキでは名前が強いので悩みどころ


・胎動
マーメイドでイドリース呼んでそこからレベル9を2体呼べるの面白いなーと思ったのがきっかけ。
デッキの核だけど、腐らせやすいのが悩み

・プライム
うらら打たれると泣きたくなる。
手札に効果未使用のオルフェゴールを展開中に切ることでさらに展開できるように出来るので
何だかんだで便利です。



●不採用枠
・ブリダインを筆頭としたレベル4SS組
ドラコネット+これでイブにして、イブこいつらでレベル9シンクロで胎動のトリガーを満たせる動きが可能になります。
ただ、これだけだとV.F.D出しただけで終わるのとオルフェゴールカードに触れないし、
カード追加で展開しようとするとドラコネット+胎動or星遺物の守護竜+手札1枚と大して変わらない盤面になるのにもかかわらず、デッキスロットルを圧迫するだけだったので見送りました。



・終末ダグレ
スペースがなかった。
また、レベル9パーツと接点がなさすぎる関係でバランスが悪くなりすぎるのも理由の一つ。


・星遺物の醒存
星遺物サーチと墓地肥やしを1度のできるナイスカード。
デッキ的に優秀に思われるけど、これを打つとV.F.Dを出せなくなるのはデッキコンセプト的に論外だった。


・幻影騎士団系
入れれるとより強固な盤面が作れるが、スペースが厳しい。
これとダグレ入れるとレベル9パーツを抜かざるを得ない…


・バベル
関谷先生とコナユキ先生目当てで初めて買いました。
どっちもおススメです。

試しに入れましたがこのデッキの場合、相手ターンに効果を使う機会を得るよりプライムで手札の星遺物やオルフェゴールを処理できる方が何倍も便利だったので抜けました。





拍手

* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 30
31
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]