忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 11981197119611951194* 1193* 11911190118911881187 >  >>
●捕食カウンター
載せられたモンスターはレベルが1になるのでシンクロやエクシーズ召喚の妨害にはなるが、
能動的に相手ターンに置くことが現状のカードプールでは難しい

INOV-JP006 捕食植物フライ・ヘル
星2 闇 植物族 400/800
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。②:このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、破壊したそのモンスターの元々のレベル分だけ、このカードのレベルを上げる。

能動的にカウンターをおけるので他のカードの起点になりやすいカードです。
自身の効果で適当なレベル4にカウンターを置いて喰えば、戦闘破壊される心配は薄いです。
なお、エクシーズモンスターには無力だが、無理やりエクシーズして突破させる用に仕向けれると考えたい


INOV-JP007 捕食植物モーレイ・ネペンテス
星4 闇 植物族 1600/1000
①:このカードの攻撃力は、フィールドの捕食カウンターの数×200アップする。②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。その破壊したモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。③:1ターンに1度、このカードの効果で装備しているモンスターカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、その元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

破壊タイミングをずらせるので相手のテンポを削ぐには使えるが、物足りないステータス。
捕食カウンターの数だけパワーアップは現状ではおまけ程度に考えた方がいい
後述のスピノさんで呼べる唯一のレベル4なので採用する価値はある。

INOV-JP008 捕食植物スキッド・ドロセーラ
星2 闇 植物族 800/400

①:このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは捕食カウンターが置かれた相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。②:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。相手フィールドの特殊召喚されたモンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。

超栄養太陽とのコンボで場に捕食カウンターをばらまきつつ、モーレイさん呼び出せるぞ!!
後述のサンゾウくんを呼び出して、そのまま捕食することもできるので悪くないと思います。
盤面次第とはいえ、超栄養+ドロセーラ+ダーク・バーストでワンショット狙えるので覚えておくといいかもしれません(



SPFE-JP001 捕食植物セラセニアント
星1 闇 植物族 100/600
「捕食植物セラセニアント」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを破壊する。③:フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。デッキから「捕食植物セラセニアント」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。

ダイレクトアタック時にSSできる+死んだらプレデターカードサーチを内蔵したニュー・ゴリラ。
サーチするタイミングは微妙だが、戦闘破壊されたときは墓地への有無は問わないのは地味にありがたい。
ある程度相手の展開を許す関係で防御面が不安だったが、このカードのおかげで多少の展開は許容できるようになったのはありがたい

SPFE-JP002 捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ
星5 闇 植物族 800/2300
「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードは自分または相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースした場合に手札・墓地から特殊召喚できる。②:このカードがフィールド・墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地の「捕食植物」モンスター1体を除外し、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。この効果は相手ターンでも発動できる。

こいつが墓地にいることで
・捕食カウンター持ち=除去対象
・レベル4組の戦闘面のバックアップ
と非常にうざい。
ただ、自身の戦闘力はローズ・トークン並みなので戦力として期待できないのが最大な難点。


SPFE-JP003 捕食植物プテロペンテス
星3 闇 植物族 300/2100
①:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。②:1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。


カウンター置けるので嚙み合っているように思えるが、自身のステが防御よりなのでおまけレベルの効果として見た方が良い。
栄養太陽+ドロセーラorヘルでエクシーズ以外は大体は奪えます。
奪った後はヒドラでおいしく食べてあげるのが賢いでしょう。
ブレ婚効果は強いものの他のカード頼りになるので複数枚の採用は計画的に


SPFE-JP004 捕食植物スピノ・ディオネア
星4 闇 植物族 1800/0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。②:このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つモンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。デッキから「捕食植物スピノ・ディオネア」以外の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

展開の起点となる子。
自身の戦闘破壊時にSS効果が発動できるので自爆特攻してフライヘルで処理とか
ドロセーラ付加状態でで連続パンチ決めた時は人殺せるかもしれないロマンを持っている。
相手ターンにリビデとかで呼び出せば、シンクロやエクシーズの妨害も可能なので使いやすさが目立つ。
自身のレベルを1上げることが出来たら、ヒドラを出せるがスピノに捕食カウンターを載ってしまうととサーチ範囲が狭くなるので気を付けたい


SPFE-JP005 捕食植物サンデウ・キンジー
星2 闇 植物族 600/200
「捕食植物サンデウ・キンジー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。②:自分メインフェイズに発動できる。闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

自己融合内蔵。
基本的にキメラフレシアを呼ぶことになりそう
融合先はwikiからの引用ですが
・エルシャドール・ミドラーシュ(+シャドール)
・E・HERO エスクリダオ(+E・HERO)
・召喚獣カリギュラ(+召喚師アレイスター)
・スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン(+トークン以外のフィールドの闇属性)
・D-HERO デッドリーガイ(+D-HERO)
 ・グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン(+元々のレベルが8以上の闇属性)
 ・捕食植物キメラフレシア(+闇属性か捕食植物)
・ドラゴスタぺリア(+融合モンスターor闇属性)
と基本的にキメラフレシアとスターヴ、たまにドラゴとグリーディーが出せる程度です。
幸いにもこれらのモンスターは相手の動きに干渉できるので範囲の狭い割には悪くない使い勝手です。





SPFE-JP009 捕食植物キメラフレシア
星7 闇 植物族/融合 2500/2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
①:1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。②:このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。③:このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

捕食での融合しやすさならこの子。
下級捕食と違い、戦闘に強く除去効果内蔵+墓地に置かれる融合魔法サーチできるので相手としてはうざいカードです。
癖がないカードですが、殴り返しには弱いので他の捕食をサポートできないのは弱みかな


捕食植物ドラゴスタペリア 星8 闇属性
植物族・融合 ATK/2700 DEF/1900
融合モンスター+闇属性モンスター
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

簡易を使わなければ、相手モンスターをキンジーで捕食しない限り出しにくい
効果自体は強力なので使ってあげたい
捕食モンスターは低攻撃力なので(使うかどうかはともかく)死デッキに対応するのでクリティウスの牙も採用したり、レッドアイズや闇戦士(D-HERO等)にヘルモスとか変なカードを組みわせて出しやすくする工夫が必要かもしれません


INOV-JP038 スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
星8 闇 ドラゴン族/融合 2800/2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。②:1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。③:融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

捕食カウンターと相性の悪いドラゴンさん。
捕食自体場に並べるのは苦手ではないテーマですし、決定力に欠けるデッキなのでフィニッシャーとして申し分ない。

SPFE-JP010 グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
星10 闇 ドラゴン族/融合 3300/2500
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。②:このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外してこのカードを墓地から特殊召喚できる。

捕食カウンターが乗っていても、元々のレベルを参照してくれるので安心してキンジ―で捕食できます。
出せても、他の融合体の方が使いやすいし、条件が被るのでピンが限界だと思う

SPFE-JP011 プレデター・プランター
永続魔法
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎に800LPを払う。またはLPを払わずにこのカードを破壊する。①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地からレベル4以下の「捕食植物」モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

効果無効適用外の効果を持つドロセーラとアントを蘇生させたい。
毎ターン蘇生させても、ステが低いのでしっかりとした運用法を考えないと持て余してしまう

SPFE-JP012 捕食接ぎ木(プレデター・グラフト)
装備魔法
①:自分の墓地の「捕食植物」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。


専用早すぎた埋葬。
効果を無効にしないので使いやすい
ブリリアント1枚でPTDを呼べるのでそいつでサーチからキンジ―蘇生の動きは強いかどうかは知らないが覚えておきたいところ


SPFE-JP013 捕食惑星(プレデター・プラネット)
永続罠
「捕食惑星」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、捕食カウンターが置かれているモンスターがフィールドから離れた場合に発動する。デッキから「プレデター」カード1枚を手札に加える。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果で融合召喚する場合、「捕食植物」モンスターしか融合素材にできない。


離れたらなので除去されようがバウンスされようが何でもいいので捕食カウンターを載せたまままターンを渡してもカウンター持ちを処理するとアドを取られるので地味にうざいカードです。
墓地効果はスピさんで殴り、効果でアントをSSしてから融合すると融合分の損失を補えるので
出来ればこの動きで融合していきたい。




●捕食カウンターが載っているとできること
・ヒドラでリリース除去+ヒドラを手札または墓地からSS
・キメラフレシアの効果で除外される
・キンジーにおいしく融合される
・フライヘルで戦闘破壊される
・スピノで殴ると捕食をSS
・スタぺリアがいると発動した効果無効
・ドロセーラの効果を付加されたモンスターの全体攻撃対象になる
・プテロでコントロールを奪われる
・モーレイの攻撃力がアップする


・スターヴの効果をすり抜ける




全体的にステータスが低いのと捕食カウンターに依存している面がある。
サポート自体は弱くないが、展開に絡むカードばかりで妨害する要素が捕食カウンター頼みなのが気になるところ。
個人的にシンクロがない時代のエーリアンに比べて、カウンターに完全に依存していなくても戦えないことはないが、展開しても出せるカードの幅の狭さのせいで微妙なデッキという印象です。





個人的におすすめなカード
・ジャンク・シンクロン
簡易で呼び出したサウサクを蘇生させれば、ドラゴスタぺリアにアクセスする準備が整う
・クリティウスの牙関係
死デッキは媒体要因が多く、融合先は低攻撃力の多いこのデッキにはありがたい
ミラフォの融合先は攻撃抑制に一役買う
タイラントはロマンだが、スターヴに装備させれると楽しい

・簡易融合
カリギュラの採用はリビデなどの蘇生カードで妨害を前提する動きまたは環境に召喚獣がいない場合以外は採用するメリットは薄い
・超融合
・強化蘇生(スピノでヒドラSSしたい方用)

・融合呪印生物闇
・ブリリアントフュージョン(+ラズリーとギャラクシー・サーペント)
PTDまでアクセスして、DDRや接ぎ木等を持ってこれる
・マスクチェンジ・セカンド(妨害要素が物足りないなら)

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]