忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 1234567 >  >>
極星霊アルヴィースと極星天グルヴェイグは任意の組み合わせでレベル10を確保して極神をシンクロさせたり、召喚する布陣を整えてくれます。
アルヴィースの効果で呼んだ極神は蘇生制限満たしていないので自己蘇生できない。

wikiとかに組み合わせが載っていなかったのでメモ用に置いてきます
 
☆=チューナー

極星モンスター
●レベル1
・極星霊ドヴェルグ
●レベル2
・極星天ヴァルキュリア ☆
・極星霊スヴァルトアールヴ ☆
・極星天ミーミル(墓地効果内蔵)
●レベル3
・極星獣タングリスニ
・極星獣タングニョースト
●レベル4
・極星獣グルファクシ ☆
・極星天ヴァナディース ☆
・極星霊アルヴィース(墓地効果内蔵)
・極星獣ガルム
・極星霊リョースアールヴ
・極星將テュール
●レベル5
・極星霊デックアールヴ チューナー
●レベル8
・極星邪龍ヨルムンガンド

☆組み合わせ
●パターン1
1+1+8

ドヴェルグ2体+ヨルムンガンド1体

このパターンで使う極星にはチューナーがいないので注意。
グルヴェイグ効果経由で出すにはドヴェルグ2体とヴァナディースを呼んで、ヴァナディースの効果でヨルムン落とせば、正規シンクロは可能。

アルヴィース効果で作る組み合わせてドヴェルグは場から墓地に発動する効果があるので場経由で使いたいし、
戦士2体からの極神+手札にドラウプニルルートの方が出しやすい

また、ヨルンガンドが単体ではゴミ過ぎるので採用したくない。

このパターン固有のメリットは
グルヴェイグ効果でリソースを消耗してもドヴェルグ2体が墓地の極星宝2枚回収出来るので
実質消費なし(グルヴェイグ+手札・場から2枚が極神+極星宝2枚)で極神が出せます。

●パターン2
1+4+5
ドヴェルグ+レベル4+デッグアールヴ
アルヴィース効果ならレベル4の枠はチューナーでも良いが、
グルヴェイグ効果だと非チューナーを呼ばないといけないこととロキしか呼べないことに注意。

どちらの効果経由でも使用するレベル4は墓地効果内蔵のアルヴィースを使うのが無難。
ロキが生きる構築で使用するならメインになるパターン。


●パターン3
2+3+5

アルヴィース効果ならお好きに
グルヴェイグ効果だとヴァナディースを使わない限り、ミーミル+レベル3+デッグアールブで固定されて、ロキしか呼べないので注意すること。

●パターン4
2+4+4

2と4にはそれぞれチューナーがいるが、スーヴェルトは手札シンクロなので盤面のモンスターではシンクロできないので注意。
ミーミル、アルヴィースを墓地へ落とせるパターン。

●パターン5
3+3+4

グルヴェイグ経由で正規シンクロを行うとき、ロキを呼んでもいいが
自己蘇生に使う極星霊チューナーが確実に墓地へいない組み合わせなので注意したい。
(アルヴィースの2の効果で呼び出す極神は蘇生制限に引っかかるのでそれで呼び出すためにロキをいれておく構築もあり)





●レベル1
パターン1、パターン2
●レベル2
パターン3、パターンⅣ
●レベル3
パターン3、パターン5
●レベル4
パターン2、パターン4、パターン5
●レベル5
パターン2、パターン3
●レベル8
パターン1





レベル10にフェンリルとがいるけど、こいつは素材のできない。
また、スーヴェルトは手札のモンスターをシンクロ素材にしないといけないので
グルヴェイグで呼び出す選択肢に入れるない方が良さそうだが、
手札にレベル4極星2体+レベル4以下の極星1体+1枚で蘇生制限を満たしたロキ+グルヴェイグが建てれるので選択肢としてはあり。

拍手

PR


捕食といい、植物族が芽吹く流れが来ているのは嬉しいですね。



アロマージ-ローリエ
効果モンスター
星1/風属性/植物族/攻 800/守 0
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが相手より多い場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分のLPが回復した場合、フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動する。
このターン、そのモンスターをチューナーとして扱う。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分は500LP回復する。

自己SSとチューナー化が噛み合っていない
初動に限った話ですが、ライフが多くないとSS出来ないのにチューナー化しようとするにはもう1度回復しないといけないのが手間で割に合っていない印象です。
3の効果が回復量はしょぼいですが、墓地へ送らラればどこでも発動するので、
おろ埋がライフ回復カードになったり、
ローリエをリンクリボーに変換することで場にいるアロマモンスターや渇きの風を能動的に発動できるので馬鹿にしてはいけない効果という認識です。
金華ローリエ渇きでローリエをリンクリボーに変換することで毎ターン除去+リンクリボーがいるので最低でも1体分の攻撃は無力化できるので楽しそう

アロマージ-マジョラム
効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻2000/守1600
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の植物族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。その後、自分は500LP回復する。
(2):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の植物族モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):自分のLPが回復した場合、自分フィールドの
「アロマ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動できる。そのカードを除外する。

ライフが上回っていると戦闘ダメージを0にしてくれるので優位に立ちやすくなるので便利
と言いたいところだけど、真価を発揮するのが微量な差でライフ差がついている時のみなので
思ったより微妙なのかもしれない。
ライフ回復時の効果は地味だけど、墓地リソースを削れるので悪くないし、任意効果なので暴発する恐れがないのは他と違ってありがたいかも?

アロマセラフィ-スイート・マジョラム
シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/植物族/攻2200/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「潤いの風」「渇きの風」「恵みの風」のいずれか1枚を手札に加える。
(2):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの植物族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(3):自分のLPが回復した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを破壊する。


雑に強い。
同じ縛りなしのスプレンと同じ攻撃力だが、こっちはカードアドが取りやすい。
普段はこちらを呼び出して、詰めるときはスプレンと使い分けが可能。
S召喚時のサーチ対象は
・潤い 1000払ってアロマサーチ+ライフ少ない場合、500回復
・渇き 回復時、除去+3000以上上回っているとライフを相手と同じにする代わりに複数体のモンスター除去できるよ
・恵み ライフ回復効果+1000払って蘇生

ライフ多い時に呼び出せば、ヴェーラースルー出来るがうららには無力なのは少し悲しい
こいつを維持すればするほど、相手に負担をかけれるので素早く出せる構築を意識したいですね。

回復時の効果が強制効果なので相手ターンで回復する時に暴発する可能性があるのでそこは気をつけたい。


アロマガーデニング
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「アロマ」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分は1000LP回復する。
(2):自分のLPが相手より少ない場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
デッキから「アロマ」モンスター1体を特殊召喚する。

単純に使えば、4枚目以降のガーデン。
相手ターンにSS出来れば、アロマモンスターの効果を能動的に打てるのは評価ポイント。
2は緊急時に使えるが、わざわざ効果を発動させるなら何らかの対策は講じているので牽制用または初見殺し効果という認識で使うのが良さそう。


恵みの風
永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分は500LP回復する。
●自分の墓地の植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。その後、自分は500LP回復する。
●1000LPを払って発動できる。
自分の墓地から「アロマ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

1はサクリファイスエスケープ用に使えるので除去への牽制になるかも?
スキドレ等の範囲から逃れることも出来るので覚えておくと役に立つかもしれない。
それ以外だと上級アロマを落として、次のターンに蘇生させる動きも可能だが、何世代前の環境だったら許させる動きかは知らない。

普段の回復には2がメイン
墓地リソース削るのは痛いけど、軽い条件で何度でも能動的に回復できるのはありがたい

それと展開力に長けるとは言えないアロマ的に盤面にアクセスできる3はありがたい効果。
ガーデニングがあると実質ライフコスト0+即座にアロマモンスターの効果を発動できるので
相手の妨害カードとして運用できる。


どれもこれも優秀なカードが来てビックリ
特にシンクロと罠は今まで回復しても明確なアドが取れなかったのでじり貧負けするケースを減らせるし、展開力も高くないし、墓地リソースを上手くいかせず植物族としては勿体ない面があったのでありがたいです。



拍手

下級共通
手札の魔法と自信をリリースで同名以外をリクルート
魔法共通
使い捨て効果or肩代わり効果
自分ターンエンド時に墓地のこのカードを加える
のどちらかをターン1でしか使えない

リクル効果はアドの関係で上級以上を呼びたい。


ウィッチクラフト・ポトリー
星2/地属性/魔法使い族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ポトリー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分の手札が0枚の場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ウィッチクラフト」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

消耗しすぎてもこいつを除外すれば、最低限のリカバリーが可能
ウィッチクラフト魔法のサルベージでない効果を使用しても回収できるのはありがたい。
ただ、生き物でこいつ以外は自身のリソースを回復できないので意識的にハンドレス状態にするか保険として採用するかでデッキの動かし方が変わってくる印象がある。


ウィッチクラフト・ピットレ
星3/水属性/魔法使い族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、
このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ウィッチクラフト・ピットレ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札から「ウィッチクラフト」カード1枚を選んで墓地へ送る。手札に「ウィッチクラフト」カードが無い場合、手札を全て除外する。

手札の上級以上を切れるので3積みとは言わないが1,2枚は必要。
また、シュミレッタが疑似手札交換としても使えるので

ウィッチクラフト・シュミッタ
星4/炎属性/魔法使い族/攻1800/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、
このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」カード1枚を墓地へ送る。

おろ埋がウィッチクラフト魔法サルベージに化ける。
ピットレ落として手札の不要なウィッチクラフトを別のカードに変換できる動きも可能になるので便利かも。
また、最低限の戦闘を行えるステータスもあるが、生かせるかは不明

ウィッチクラフト・エーデル
星5/光属性/魔法使い族/攻2000/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
手札から「ウィッチクラフト・エーデル」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードをリリースし、
自分の墓地の「ウィッチクラフト・エーデル」以外の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

現状では一番優先順位が低い。
手札の最上級を盤面に置けるのは展開が緩いウィッチクラフトとしては重要な手段だが、
魔法を切ってまで盤面に置きたいウィッチクラフトモンスターがハイネかヴェールぐらいなのが厳しい。
また、こいつをリクルートして場に置くなら最初からハイネやヴェール呼んだ方がいい場面も少なくないのが悩みどころ。
また、魔法使い族蘇生効果はウィッチクラフト魔法に蘇生カードがあるので競合してしまう部分が悲しいところ。手早く盤面にハイネヴェールの布陣を作って制圧するのを目的するなら入れて損はない感じです。
サークルで呼んで殴ったら、手札から応援呼んでダメージレースを早くできる方法もあるが
どうなんでしょうね。

ウィッチクラフト・ハイネ
星7/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の魔法使い族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):手札から魔法カードを1枚捨て、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

手札の魔法が除去に変換される。ダムドやマスターPとか比較すると悲しくなる…。
ハイネが場にいると相手の動きに干渉できるので出せるなら最優先して出したい。
ウィッチクラフトで唯一相手の盤面を処理できるので最優先で場に置きたい


ウィッチクラフトマスター・ヴェール
星8/光属性/魔法使い族/攻1000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の魔法使い族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
手札からカード名が異なる魔法カードを任意の数だけ相手に見せ、
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、見せた数×1000アップする。
(2):手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

場からリリースして発動組を無効にできる地味に偉いマン。
魔法回収及びドローしまくってから相手モンスターを殴ってエンド級のダメージを与えることもできるのでフィニッシャーとしての運用が可能。
打点上昇がメインで効果無効は保険として運用するのが無難かな。
使用機会は少ないだろうけど、サークルからデッキから呼び込んで奇襲ができると楽しいかもしれない。
魔法を抱え込みやすいという観点ならテンペルと魔導に組み込んだデッキに出張として使えなくもないかもしれない

ウィッチクラフト・クリエイション
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):デッキから「ウィッチクラフト」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

サルベージできるサーチ魔法のおかげで極論だが、
必要最低限のウィッチクラフトだけを入れておく構築が無難かもしれないが
うららとか当てられると露骨に動きが鈍くなるので悩みどころなのかも。
序盤はサーチ、中盤以降は手札コストととして使うのが主な使い方かも。

ウィッチクラフト・サボタージュ
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

サルベージできる蘇生。
エーデル経由で魔法使い族完全蘇生魔法としても使える。
ただ、クリエイションあるから最小限のモンスターだけにした場合、
手札コストとして腐りやすくなる面もあるので気をつけたい。

ウィッチクラフト・コラボレーション
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズに2回攻撃でき、
そのモンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

貴重なクロック加速用カード。
ただ、上2枚に比べると汎用性が低いので複数枚積むのは抵抗がある。

ウィッチクラフト・ドレーピング
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターの数まで相手フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

速攻魔法なんだけど、回収タイミングの関係で使い勝手が通常魔法クラスなのが悲しい。
モンスターの数だけ魔法・罠バウンスとすごい微妙感がある。
露払いしたいけど、たくさん処理したいならモンスターを並べないといけないので
矛盾度が高い。


ウィッチクラフト・バイストリート
永続魔法
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く

ウィッチクラフト・スクロール
永続魔法
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

相手ターンにコスト代わりにして、自ターンエンド時に場における。
ヴェールの打点補強以外では無理に手札に抱え込まなくてもいいので
手札誘発とのかみ合わせやすくなるのはありがたい。
また、永続魔法だがに対して強く出れるのは評価したいし、
(墓地発動なら)魔封じがあっても直接表で置けるのでありがたい面もある



ストリートは破壊付加があるので戦闘面が不安なウイッチクラフト的に便利。
スクロールはドロー効果と貴重なアドバンテージ確保手段だが、戦闘面に不安があるので
ストリートを優先したいところ。

ウィッチクラフト・マスターピース
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、
自分または相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの同名カード1枚を自分のデッキから手札に加える。
(2):自分の墓地から、このカードと魔法カードを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した魔法カードの数と同じレベルの「ウィッチクラフト」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


デッキから墓穴の指名者を呼び込めるのは偉い
魔法除外は複数枚あるウィッチクラフト魔法やそれ以外の魔法を飛ばせばいいので
負担は少なそう。
これを採用するならエーデルを入れておけば、他がピンでも実質好きなところから最上級組を呼べるので便利かもしれない



・魔法をたくさん抱え込みたい
→魔法を多めにする
or
→芝刈りで魔法をたくさん落とす


勝ち筋はハイネで盤面処理して、ヴェールで高打点で一撃ぶちかまして勝つなのかな。
テンポは取れるけど、直接アドに結び付くカードがない印象。
Exに依存しないので強欲金満は3積みしても問題ない感じかな。
魔法を多用するテーマだけど、魔法メタがガン刺さりするかと言われるとそうでもない不思議なテーマ。
それと副葬は疑似サーチとして使えるけど、シュミッタいるから無理に使わなくてもいいような気がして悩むが、最悪手札コストとして使えるから割り切るのが無難なのかなー。

●モンスター 5~14
・ポトリー 1~3
・ピットレ 1~2
・シュミッタ 1~2
・エーデル 0~2
・ハイネ 1~3
・ヴェール 1~2

●魔法  14~21
・クリ 3
・サボ 1~3
・コラ 0~2
・ドレ 1~2
・バイ 2~3
・スク 1~2
・墓穴 3
・強欲金満 3

●罠
・マスター 0~2






拍手

レベル9軸作っている最中で思いついたものを載せています。



もっとうまい動きはあると思う



・イブリース、胎動、手札1枚(オルフェゴール・トロイメアorディヴェル)
イブリース召喚、マーメイドリンク。
手札捨てて、アストロイメアSS。
胎動でレベル9+クロウラーSS。レベル9アストロイメアでV.F.Dをエクシーズ。
墓地のオルフェゴール・トロイメア除外して、杖落とす。ついでにV.F.Dの攻撃力アップ。
杖効果でトロイメア帰還。オルフェゴール・トロイメア+マーメイドでガラテアリンク。
ガラテア効果で杖を戻して。クリマクスセット。
エンド時、クロウラーを破壊し、アストロイメアサーチ。

手札 アストロイメア
盤面 ガラテアV.F.Dクリマクス
ディヴェル落とした場合、別の動きもできるが略



・イブリース、複製術、手札1枚(ディヴェルorスケル)
イブリース召喚、マーメイドリンク。
手札捨てて、オルフェゴール・トロイメアASS。
複製術でオルフェゴール・トロイメアBC2体SS。


パターン1
オルフェゴール・トロイメア++マーメイドでガラテアリンク。
残りのトロイメアBC2体で真紅眼の鋼炎竜エクシーズ。
オルフェゴール・トロイメアAの効果で手札コストにできなかった方を落とす。
ガラテア効果でオルフェゴール・トロイメアAを戻して。クリマクスセット。
ディヴェル効果カノーネSS。
カノーネガラテアでニンギルスをリンク。
スケル効果でガラテアを蘇生。
ニンギルスの上にティンギルスを重ねて、除外されているスケルをティンギルスに重ねる。

盤面 ティンギルスガラテア鋼炎クリマクス
ディヴァルが手札コストで切れると少し動きが変わるが、ガラテアサベージ鋼炎クリマクスにもなる。

パターン2
オルフェゴール・トロイメアBC2体でトマホークエクシーズ。
トマホーク効果でトークン生成。(メインゾーントークン3トマホークトロイメアA)
トークントマホークでプロキシーリンク。
トークン2体ででギミック・パペット-キメラ・ドールリンク。
プロキシーキメラドールでトポロジック・ガンブラー・ドラゴンをリンク。

手札コストにしたカードによってやや展開が変わるが、最終盤面は同じ。

ディヴァル√
オルフェゴール・トロイメアBの効果で杖落とす。
杖効果でトロイメアB帰還。
オルフェゴール・トロイメアA+マーメイドでガラテアリンク、ガンプラー効果で手札破壊。
ディヴァル効果でカノーネSS。
カノーネオルフェゴール・トロイメアBでオーガ・ドラグーンSS。
ガラテア効果で杖を戻して。クリマクスセット。


スケル√
スケル効果でオルフェゴール・トロイメアC蘇生。
オルフェゴール・トロイメアA+マーメイドでガラテアリンク、ガンプラー効果で手札破壊。
オルフェゴール・トロイメアA除外して、ディヴァル落とす。
ディヴァル効果でカノーネSS。
カノーネオルフェゴール・トロイメアCでオーガ・ドラグーンSS。
ガラテア効果でオルフェゴール・トロイメアAを戻して。クリマクスセット。


盤面 ガラテアガンプラーオーガクリマクス

オーガの部分はサベージでも構いませんが、せっかくハンドレス状態になったならこっち出したいよね…

・カノーネ複製術オルフェゴール・トロイメア

カノーネA召喚し、複製BCする。
カノーネBCでハリファイバーリンク。効果でオライオンSS。
ハリオライオンでデコードリンク、幻獣機トークンSS。
トークンをリンクスパイダーにリンク。
カノーネB除外し、効果で手札のトロイメアSS。
トロイメアスパイダーでガラテアリンク。
トロイメア除外して、ディヴァルを落とす。ディヴァル除外効果でスケルSS。
カノーネAでリンクリボーリンクし、リンクリボーデコードでダークネスメタルリンク。

ガラテア効果でオルフェゴール・トロイメアを戻して。クリマクスセット。
ガラテアスケルでラスティ・バルディッシュリンク。
スケル効果でガラテア蘇生。
幻影騎士団ダスティローブ落として、幻影騎士団シェード・ブリガンダインセットし、発動。
ダスティロープ落として幻影騎士団サイレントブーツサーチし、自己SS。
ダークネスメタル効果でカノーネB帰還。
カノーネBブリブーツでサベージをシンクロし、効果でデコード装備。
ブーツ除外して、効果で幻影霧剣サーチし、セット。

盤面 ダークネスメタルガラテアバルディッシュサベージ(デコード装備・カウンター3、攻撃力4150) クリマクス霧剣

・ドラゴネットコンフィー
ドラコネット召喚。効果で巫女SS。巫女効果で杖サーチ。
ネット巫女でイブをシンクロ。コンフィーSS。
イブコンフィーでハリファイバーSS。効果でカノーネとリースSS。リース効果で守護竜サーチ。
リースハリでケルベロスリンク。ケルベロスでマーメイドリンク。
手札の守護竜捨てて、オルフェゴール・トロイメアSS。
守護竜効果で巫女を蘇生。巫女でイムドゥークリンク。
マーメイドオルフェゴール・トロイメアでガラテアをリンク。
トロイメア除外して、ディヴァルを落とす。ディヴァル除外して、スケルSS。

ここまで
盤面 ガラテア、カノーネ、スケル、イムドゥーク

墓地のリース効果で手札の杖を墓地へ送ってリース回収。
杖除外して効果でトロイメア帰還。
ガラテアスケルでバルディッシュリンク。
幻影騎士団ダスティローブ落として、幻影騎士団シェード・ブリガンダインセットし、発動。
ダスティロープ落として幻影騎士団サイレントブーツサーチし、自己SS。
トロイメアカノーネでサベージをシンクロ。効果でハリ装備。
イムドゥークの効果でリースを追加で通常召喚。
イムリースブリロープでリンク4orブリロープで魔嬢リンク。
ブリ除外して効果で幻影霧剣サーチし、セット
スケル効果でガラテア蘇生し、ディヴァル戻して、クリマクスセット。


盤面 バルディッシュ、サベージ(ハリ装備・カウンター2)、ガラテア、リンク4or魔嬢+イム+リース、クリマクス、幻影霧剣

呼び出すリンク4はガンプラーで2ハンデス、ソードでワンショットキルとご自由に
後はブリを幻影剣にして、イムブーツでコード・トーカーにして、
バルディッシュサベージ(ハリ装備・カウンター2)ガラテアコードクリマクス幻影霧剣幻影剣
手札にリースも可能。

それとコンフィーの部分は手札からSS持ちなら何でもおk
ただ、オルフェゴールの残存効果やリンクリボーに化けれるこいつが一番無難。
カノーネとシンクロしてでイブが繋がるように闇属性レベル4で自己SSできる。
おろ埋+ダークヴルム、ブリ、マンドラゴもありかも?

拍手

2019年1月制限
新規
・バルブ
・ダンディ

・マスマティ


バルブスポーア禁止時代よりきつい・・・

バルブは森羅的には自己SSから手札のレベル1組を召喚して、姫にエクシーズ出来るので
すごいありがたかった…

森羅は薔薇の恋人を素早く墓地へ送って手札のレギアやシャーマンSS頑張らないといけないのかなー

芝刈りを強欲金満強欲貪欲施しで無理やり引いて、墓地に恋人にん人バックジャック送って
動くデッキを検討するのも悪くないのかもしれない(錯乱)

ジャスミンへのアクセス手段として、コンフィー+イービル・ソーンとか2枚で動けるカード増やさないといけないのかジャスミンは出せたらいいと割り切るか悩みどころ

拍手

* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 30
31
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]