忍者ブログ

魔法使い族と言えば、黒の魔法神官。 黒の魔法神官と言えば、オム華と言われたい人のブログ。 ブログと言う名の公開メモ帳
<<  < 12345678 >  >>
DP15-JP001「ダブルフィン・シャーク」星4 水 魚族 1000/1200 レア
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地からレベル3またはレベル4の魚族・水属性モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果を発動するターン、自分は水属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

DP15-JP002「サイレント・アングラー」星4 水 魚族 800/1400 レア
自分フィールド上に水属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。このターン自分は手札からモンスターを特殊召喚できない。


シャークとリオのDPに収録されるカード。


●この2枚が登場したことで
・サルベージ1枚で(今まで以上に)バハシャ、シャークドレイクが作りやすくなった
・魚族および水属性の新たな展開札が増えたことにより、魚族を筆頭としたモンスターの展開力が向上

ふーんと思われそうですが、結構大事なことだったりします。


これまで魚族デッキは展開する場合、シーラカンス頼みでしたが、この2枚の登場で
安定性が向上しました。
素直に釣り上げ系と手札からSS可能なモンスターが増えるのは属性としては恵まれていますね。

ダブルフィンでSS出来るシンクロ・エクシーズ
☆7
グングニール
☆8
存在しない

ランク4
・イビリチュア・メロウガイスト

・深淵に潜む者

・スノーダスト・ジャイアント

・バハムート・シャーク

意外と少ない。
アイデンイティは深淵とバハシャを1ハンドで出せることでしょう。
1ハンドでバハシャ、アビストリーテが並ぶなんて、すごいぞ、かっこいいぞ!!(棒)

サイレントアングラーはSS出来る水属性レベル4という側面もありますが、
ブリキンギョと同じ黒庭ラインなので採用することが可能です
※裁定次第ですが、ブリとアングラの能力はきょーぞん♪出来ないので気をつけたい


縛りがきつい関係で、出せるカードが限られてしまっているが、
ダブルフィンは輝けるのだろうか?
アングラはデッキを選ぶものの、出張要員として使えるレベルなのでいい値段で取引されるかも?

拍手

PR
SHSP-JP040 姫葵(ひまり)マリーナ
星8 炎 植物族 2800/1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカード以外の自分フィールド上の植物族モンスター1体が戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。


特徴
・アマリリスちゃんと同じレベル8の炎属性・植物族
・攻撃力はティタニアルと同じだが守備表示は下級アタッカーに倒されるほど低い
・自分の場の植物族モンスターが破壊され墓地へ送られると相手の場のカードを1枚破壊する
・自身には耐性がなく、SS能力もない
・植物族なのでロンファでサーチ可能
・単体ではバニラと同じ

植物族の新たなエース。
受身な効果だが、1:1交換可能。
攻撃力は並以上あるので戦闘では倒されにくい

相性の良いカードはアマリリス、イービルソーン、ロード・ポイズンでしょうかね。
特にアマリリスちゃんは殴ったら死んでしまうので戦闘破壊が出来たら、1:2交換も可能ですね。
イービル・ソーンは超栄養太陽と組み合わせることでイービルとマリーナが盤面に並ぶので自爆特攻すれば、
アド的にはトントンです。



今の所、最大の課題はどうやってマリーナ+植物族を並べるか。

1 上であげたイービルソーン+超栄養太陽
利点はイービル・ソーンは141などでサーチしやすいので成功率は悪くなく、デッキが圧縮されるので
次のターン以降のドローが強くなる。
ただ、事故った時の脆さやそこまでやるならもう少し工夫するとデュアル植物にしたほうが
爆発力が上がる

2 シード・オブ・フレイム+炎王炎環
シード・オブ・フレイムを炎王炎環で破壊し、墓地のマリーナをSS。
シードの効果で墓地から植物族モンスターをSS。
これのメリットは既に場にマリーナがいるとき、上記のコンボをすることでマリーナの除去効果が使えます

※炎環の破壊と蘇生効果、およびシードの植物族SSと相手の場に植物族トークンをSSする効果は同時処理です

3 何らかの手段でマリーナを出し、アマリリスを蘇生


4 ブラックガーデン+ワンフー+マリーナの擬似召喚ロックコンボ
1 相手が召喚・特殊召喚をする。それに対してブラック・ガーデンの効果が誘発する
2 庭の効果で自分の場にローズトークンSS。それに反応してワンフーが反応する
3 ワンフーの効果によりローズトークンが破壊される。植物族モンスターが破壊されたのでマリーナの除去効果が起動し、相手のカードを破壊する

cip効果、永続効果、反転召喚、リバースと穴が多いものの決まると相手は動けなくなる

ワンフーとマリーナをどうやって並べるかが最大の課題



思いついたものはこんな所です。
分かったことは、
どうやっても既存の植物デッキには入れにくく、専用構築が必要なモンスターでしょう。

拍手

SHSP-JP054「紅貴士(エーデルリッター)-ヴァンパイア・ブラム」星5 闇 アンデット族・エクシーズ 2500/0
アンデット族レベル5モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手の墓地のモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する。「紅貴士-ヴァンパイア・ブラム」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。この効果で特殊召喚に成功した場合、このターンそのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。また、フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、次のターンのスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。


特徴
・アンデッド族縛りのランク5モンスター
・相手の墓地のモンスターを自分の場に蘇生できるが、そのモンスター以外戦闘不可
・擬似破壊耐性内蔵で吸血鬼らしい効果
・攻撃力はオピオンにちょっぴり負けてします
・ヴァンパイアモンスターなのでサポートを受けれる

縛りが色々ときついものの、優秀なカード。
裁定次第では強力になり得るかもしれない。

アンデレベル5×2体は重そうに見えるが、
同パックにレベル5を並べるモンスター、蘇生豊富のアンデッド族
の関係で見た目よりはだいぶ軽いです。

相手依存とはいえ、相手のモンスターを蘇生できるので強力です。
墓地に置いておきたくないモンスターを引き上げれますし、ブラム以上の攻撃力を持つモンスターを
蘇生出来ればお得です。
反面、ブラムを出したターン=ゲームエンド
ということではないので相手からしてみれば気楽でしょう。

私個人の意見としては、自己蘇生がメインなのかもしれません。
死ににくい25打点というのは相手視点からして、非常に鬱陶しいものです。
ただ、環境的にそれほど驚異なモンスターではないことと、ヴェルズのオピオンに弱すぎるのが難点ですね。
後、蘇生したブラムさんをガイドラで啄くのは外道だと思います!!


書いている時に気づきましたが、あんまり強くなさそう。
ヴァロンが使えるようになったのは嬉しいですが(
久しぶりに書きましたが、感覚が分かりませんねorz

拍手

SHSP-JP016 ゴーストリック・ランタン
星1 闇 悪魔族 800/0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、または自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。


悪夢再び対応でくず鉄のかかしもどきの挙動をするモンスター。
便利な効果を持っている反面、場に出たあとは、実質バニラと変わりがないのでどのように処理するか考えたいところ。
悪魔ということでヘイト・バーストはありかもしれません。
ジェスター・コンフィと組み合わせて、シャイニートを呼ぶのもありかも?
黒庭で蘇生できるが、メリットは薄い。
強いて言うなら、攻撃力をリセットできる程度か。

SHSP-JP017「ゴーストリック・スペクター」星1 闇 悪魔族 600/0 レア
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、「ゴーストリック」と名のついたモンスターが、相手のカードの効果または相手モンスターの攻撃によって破壊され自分の墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚し、デッキからカードを1枚ドローする。


場のモンスターが相手によって破壊されると場における+ドロー出来る
相手が直接攻撃してくる→ランタンで守り、ランタンを破壊してきたら、スペクターでドローという流れができるので
悪夢再びが嫌らしいカードになります。

SHSP-JP018「ゴーストリックの魔女」星2 闇 魔法使い族 1200/200
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを裏側守備表示にする。


パウン見習いアンダテイカー対応と書くと強そう。
効果を有効活用しようとすると、場にゴーストトリックがいないといけないので使いにくい。
後述のエクシーズモンスターやサポートと組み合わせないといけないのか。

SHSP-JP019「ゴーストリックの雪女」星2 闇 魔法使い族 1000/800 レア
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを破壊したモンスターは裏側守備表示になり、表示形式を変更できない。


優秀な壁。
自爆特攻でも発動可能。
見習いやアンダテイカーで呼ばれると鬱陶しい。
魔法使い族デッキの出張カードとして使えます。

SHSP-JP020「ゴーストリック・キョンシー」星3 闇 アンデット族 400/1800 レア
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードがリバースした時、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数以下のレベルを持つ、「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。「ゴーストリック・キョンシー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


リバースするとゴーストトリックをサーチ出来る。
自身もカウントするのでレベル1のゴーストトリックはサーチ可能。
無理にサーチ対象を広げようとするより、レベル1のゴーストトリックをサーチできる+α程度でよろしいかと。

SHSP-JP021「ゴーストリック・シュタイン」星3 闇 アンデット族 1600/0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを時、デッキから「ゴーストリック」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。「ゴーストリック・シュタイン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


悪夢再び対応。
ダメージを与えるとゴーストトリックと名のついたカードをサーチできるのでデッキの基盤になる。
ただし、殴りに行こうとするにはゴーストトリックの共通効果が非常に邪魔。
ゴーストトリック版ジャイロイドやマシュマロンがいると格段に使いやすくなるでしょう。
一応、黒庭対応。

SHSP-JP052「ゴーストリック・アルカード」星3 闇 アンデット族・エクシーズ 1800/1600 ウルトラレア
レベル3モンスター×2
相手はこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスター及び裏側守備表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。「ゴーストリック・アルカード」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地からこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。


攻撃を制限してくれるが、自身のステータスが低いのが難点。
セットカード除去、墓地に送られるとゴーストトリックをサルベージと書いてあることは非常に優秀である。
縛りがないのでクレクレやデスガイドの採用を検討しても良いかもしれない。

SHSP-JP062「ゴーストリック・ハウス」フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーが受ける効果ダメージ及び、「ゴーストリック」と名のついたモンスター以外のモンスターがプレイヤーに与える戦闘ダメージは半分になる。


書いてあること自体弱くはないが、2点ほど欠点を抱えている
1 自身は直接的なアドを与えない
2 そこまでして守りたいカードがいない+維持するメリットが薄い。

もうちょっと、維持して美味しいゴーストトリックが登場すれば、このカードの使いやすさは格段と上がるでしょう。

ラクダパーミでラクダを守ることができる優秀なカードなので採用しても良いかもしれません。

SHSP-JP073「ゴーストリック・アウト」通常罠
手札の「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を相手に見せて発動できる。このターン、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたカード及び裏側守備表示で存在するモンスターはカードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。


※戦闘破壊からは守ってくれない。
ハウスとのコンボで死ににくいのは評価できる。

SHSP-JP074「ゴーストリック・パニック」通常罠
自分フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。選択したモンスターを表側守備表示にし、その中の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを選んで裏側守備表示にする。


砂漠の光と皆既日食を混ぜたようなカード。
単純に裏守備にさせたいなら、皆既日食でいいし、モンスターを表にするなら、砂漠の光でおk。
ドローさせるリスクはあるが、投げやすい皆既日食でええやん。


星1組
相手の行動に合わせて、裏守備でSS+α
星2組
相手モンスターを裏守備にさせる
星3組
アーカードの餌。
サーチ効果内蔵

サポート
裏側モンスターを守るカードと相手モンスターを裏守備に強要する


勝ち筋が分からん。
モンスターを裏守備にさせて、抹殺の使徒やミスティック連打して、じわじわとアドを取っていくのでしょうか?
サーチ効果2種+エースがサルベージ効果内蔵とスペックは悪くない。

もうちょっと裏守備にすることを攻めることに使えれば、だいぶマシになりそう。
ゴーストトリック・ジャイロイドやマシュマロンが来てくれるとだいぶ動きやすそう。

拍手

JOTL-JP038 カメンレオン
星4 地 爬虫類族・チューナー 1600/1100
このカードは自分フィールド上にレベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の守備力0のモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果を発動するターン、自分はエクストラデッキ以外からモンスターを特殊召喚できない。

特徴
・レベル4でメリット効果を持つチューナー
・爬虫類族なのでキングレムリンでサーチ可能
・攻撃力が1600なので黒庭ライン
・釣り上げ効果
・同一ターンに複数回呼ぶことはできない
・自身は地属性なので釣り上げ対象しだいでは、ナチュルシンクロを呼び出せる
・ヴェーラーを打たれても、供物で逃げることもできる。

対応モンスター
・エフェクト・ヴェーラー
・インヴェルズ系
先鋭を蘇生できると強い
・暗黒界の術師スノウ
・アンブラル系
・インフェルニティ
リローダー、ビートル、リベンジャー
・ヴォルカニック
バックショット、バレット
・重装兵以外の下級海皇
・セイヴァー・ドラゴン
・速攻のかかし
・雲魔物
特にアシッドは、デブリ対応のレベル4
・ゴゴゴ
ゴースト、ジャイアント
・ゴブリン系
・終焉の精霊
・死の花 ネクロフルール
・sin パラレルギア
スクラップ・シャーク
・ZWー一角、不死鳥
・ゼロ・ガードナー
・創造の代行者 ヴィーナス
・ゾンビマスター
・ダーク・シーレスキュー(シンクロ素材になると1ドロー+複製術対応)
・デーモン
騎兵、トリックミスト
・TG
ストライカー、ワーウルフ、サイバー・マジシャン
・デスガエル
・毒蛇王ヴェノミノン
・ドロール&ロックバード
・BK グラスジョー
・フォトン
クラッシャー、サテライト、スラッシャー(蘇生制限)
・マシンナーズ・ギアフレーム
・ものマネ幻想師
・ユベル
・レプティレス
ヴァースキ、ナージャ、
・ワーム・ジェクトリプス
・六武衆のご隠居
・レベル・スティーラー
など

意外と対応範囲は広め。
個人的にはダーク・シーレスキューを釣り上げて、複製術でブラロぶっぱしつつ、3ドロー決めたい。

爬虫類デッキでの採用は絶望的なので出張要因として輝きます。
悪夢再びを使いやすく、素材を落としやすいデーモンが適任かもしれません。

トカゲマシンガジェにピン刺しすることでギアフレーム釣り上げから動いていけるので悪くないかもしれません。

このカード自体のポテンシャルは非常に高いので研究しがいがあるカードかと思います。

(デブリジャンクロンカメンでバックショット過労死デッキが捗りますね)

拍手

* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* プロフィール *
HN:
オム華
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
遊戯王 サイクリング 一人旅
自己紹介:
ブログと言う名のメモ帳であり黒歴史の塊です。
ジャンルは遊戯王メインですが、それ以外のことも触れます

遊戯王プレイヤーとしては3下クラス実力です.
基本的にブログをメモ感覚で使用しています。
そのため、見にくいかもしれませんがご了承ください

急ぎの方はtwitterで連絡をしてくれると助かります
@omukami
* カウンター *
* twitter *
* ブログ内検索 *
* アクセス解析 *
* P R *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  オム華
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]